思い出のある内装デザイン

皆さんの小さな頃の思い出とはどのようなものですか?「おばあちゃんや父親のやさしさ」,「兄・姉からのプレゼント」,「信頼している人の心強さ」など今まで生きてきた中でさまざまな思い出があると思います。

内装デザインにおいてこのように思い出のある考えを取り入れた内装デザインも今後、店舗を開業するうえで必要なことであると言えます。

しかし、「思い出はお客様一人一人違うからその考えは無理じゃない?」,「それで利益が上がらなかったら意味がない。リスクも高いからやらなくていいんじゃない?」などと考える方もいるのではないでしょうか?確かに思い出といった漠然とした考えに賛同する人は少ないはずですが、これを実現することができれば他には真似出来ない最高の店舗になるはずだ。

それを実現させるには、どうしたらいいのかそこで重要となるキーワードは「気持ち」である。

どういうものかというと飲食店で料理を食べるときに懐かしい味がしたときは「うまさ」よりも先に「気持ち」があふれてくるはずだ。

美容室の内装デザインでも同様に髪を切る瞬間に昔親に切ってもらった懐かしさで気持ちがあふれてくる。美容室といってもただ、髪を切ったり,リンスで整えたりなどは他の所でもやっているので気持ちのこもった思い出が必要となってくるのだ。

思い出のある内装デザインとは他にはないような思い出のの気持ちが重要で、飲食店も美容院も近年その考えが欠けてきているので、それを改善することでほかの店舗にないような内装デザインを実現することができるのだ。