内装デザイン(呼び寄せる力)

飲食店も美容院も多くのお客様に来てもらう必要があるので宣伝をかなりやっているが、いくらチラシを配っても内容を確認している人はほとんどいません。最初は気になるが、一瞬見ただけでも興味があるかないかで別れてしまうので興味がない人にとってはそのチラシがごみにしかなりません。

「だけどチラシでも配らないと宣伝にならないよ。」,「インターネットで宣伝しても来る人少ないし」などと考える方たちが多いがここで注目してほしい点は「どう目を向けさせるか」です。「どう伝えるかや」,「どう宣伝するか」ではありません、ただ気になってちょっと見てみるといった衝動がお客様の中に興味を持たせるのです。

飲食店でも看板を出して何がお得かと語るよりも社内の雰囲気を見せてなぜ、お客様がこんなに楽しそうなんだろうと思わせることで一瞬見てしまい、その感情がいずれ自分も行ってみたいという感情に代わります。飲食店ではこのやり方がとても重要で2階で店舗を出しているところはどう2階を見せるか,1階の場合は目線を集めるように仕向けるかである。

美容院は反対にこの考えが難しいが自分自身に自信を持っているならそれが可能です。他のところや他の美容室の内装デザインとして気にせず自分が今できることを精いっぱいやっている姿を見せることがお客様に興味をひかせます。

呼び寄せる力の原点は目線をどう誘導させるかなので「どうやるかでなく、どう見せるか」といった考えで呼び寄せる考えが良い。